2005年07月20日

日本が右傾化する先にあるもの C私の思う、マスコミ報道の気持ち悪さ

 近隣諸国との関係が緊迫すればする程、日本国内のナショナリズムも煽られる。
 例えば、北朝鮮という国を脅威的だと報道する。
 そうでなかったら、何ということもなかった程度の、北朝鮮からミサイルが発射された、というようなアメリカからもたらされた情報を、何で臨時ニュースでテロップで報道しなくてはならないんだろう?(報道があった日の思いを『気持ち悪い世の中』に少し書いています。)
 何故にアメリカはそのような情報をわざわざと日本に流したのだろう?
 あの報道に、報道しなければならない必要性が、何かあっただろうか?

 それ以前から、「この報道は何のために?何の必要性があって?」という、私にとっては何か引っかかるような報道が多い。
 例えば吉野家が臨時的に牛丼を販売した日の報道ぶりだってそうだ。
 吉野家ファンが押しかけることは理解できなくもないが、トップニュースになる必然性があるとは思えない。理解ができない。
 普通に吉野家が牛丼を販売できていた頃、吉野家は、安く売ってみたり、サービス券のようなものを発行したり、あの手この手と苦労して営業していたことをよく知っている。
 それが、販売中止になったからといって、その間の臨時販売だからといって、多少のフィーバーが起こっても、何もニュースのトップ近くに持ってくるような必要性があるとは理解ができない。よほど他にニュースがなかったにせよ。

 吉野家の話と右傾化の話は関係ないけれど、マスコミ報道の気持ちの悪さとして私の中で引っかかっているものとして挙げてみた。

 これらを何か陰謀めいたものとして考えることは、私の行き過ぎた行為なのだろうか?
 何かと断定している訳ではないけれど、私に何か解らない気持ち悪さを残し続けているということは事実だ。



頂いたTB
世に倦む日日さん
北朝鮮問題考(3) − 経済制裁プロパガンダに倦む師走
この話を始めるとスパムコメント対策が憂鬱になるが、最近のテレビは北朝鮮への経済制裁をあまりに過剰に煽り過ぎている。特にNHKの報道がひどい。7時のニュースは冒頭から横田夫妻が登場して、放送時間の半分をこの話題で埋めている。横田早起江のワンマン演説番組だ。…

戦前と戦中の間 − 北朝鮮拉致問題は現代の満州事変である
今から七年以上前の話だが、TBS『ニュース23』の佐古忠彦キャスターが、筑紫哲也との合いの手の中で「今はもう戦後ではなくて戦前じゃないかという声もありますね」と小さく漏らしたことがある。この十年ほど佐古君は私のお気に入りで、大袈裟に言えば希望そのものだが…



元記事(ライブドアで書いたもの)
http://blog.livedoor.jp/rcdog21/archives/28541346.html
posted by 野良狸 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6958863
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。