2005年09月18日

小林こうきさん

 しばらくの間、私はこの人のことをろくろく知りませんでした。郵政民営化法案に反対票を入れた人らしい、ということ位しか。
 新党日本が立ち上がって、その一員で、小池百合子氏がこの小林こうきさんのいる選挙区での立候補となった、と、その程度しか把握していませんでした。

 私が、「年次改革要望書」のことを調べてみて、見つけたページ、
『米国による日本改造』
http://www.kobachan.jp/katudouhoukoku/sekioka.htm
 これが、どこの誰のページなのか調べてみたら、この小林こうきさんのページだったのですね。
 といっても、小林こうきさんのホームページから辿り着いたのではなく、アドレスから判断しました。

 小林こうきホームページ
http://www.kobachan.jp/

 私は自分で記事(『マスコミ界のタブー?「年次・改革要望書」』)を書いた時に、引用させてもらったページを小林さんのページらしいです、とことわらなかったのは、またこれで何らかの圧力が、選挙前の小林さんにかかるとまずい、と少しでも配慮しようと思ったからです。それだったら、他のページを使った方がもっと良かったのかもしれないですけど。でも、私が引用しようとしなくても、結局、影響は変わらなかっただろうとは思うんですが。
 
 自民党の議員(元)でも、勇気を持ってこうした意志(郵政民営化法案反対)を貫き通したということで、私は小林さんを評価します。新党日本のことを、まだよく把握できていませんが、そういう有志が集まってできた党なのだと思いたいです。(選挙で新党日本を選択できなかった・選択肢になかったので、まだあまり調べていないんです。)

 小林さんの秘書が問題を起こして逮捕されたという事件は、皆さんご存知だと思います。
 私は個人的に、「やられたな。」と思って見ています。そういう目で見ている人は多分世の中にいっぱいいると思いますよ。ブログでも見かけます。
 (どういう意味か解らない場合、また同意できない場合は読み飛ばしておいて下さい。)

 いい議員のことは、ずっと応援し続けたいです。
 辻元議員も晴れて復活したんです。
 無茶苦茶なことだらけで嫌気のさす日本だけど、がんばっている人だっているんだ、そう思いたいです。
 そして、そういう政治に、さらにはマスメディアにも、もう受け身だけでいられない、そう思っています。


 因みに、東京10区の選挙結果
 2003年、2000年と、今年のデータを見比べてみて下さい。
 現在の我が国の民意が、…あ、東京10区の話な訳ですが、この結果だということですね。
 何を思われますか?
 私個人は、悲しみを覚えました。



関連記事
咆哮するテナーサックスさんの『よくわかる郵政民営化
posted by 野良狸 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7065698
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

新自由主義革命の最前衛へ ?? 前原誠司の改革競争と改憲競争
Excerpt: 前原誠司が民主党の代表になって、選挙で負けたこの国の弱者たちは、さらに絶望の度を深くしているだろう。代表選に勝った前原誠司が、週末の政治番組で嬉しそうな顔をしながら宣言したことは、9条改正で党を一本に..
Weblog: 世に倦む日日
Tracked: 2005-09-19 22:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。